FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトに徒然なるまま書く。

こんばんは!今回の新人公演『ライト』で牡丹役をさせていただいてます、木島唯です。

ついに初日の幕開けでした!!!無事今日の公演を終えられたことに感謝しているところです。
そしてブログを書く順番がついにきておどおどしてます。どうしよう。私こういう文章とか苦手なんです。困ったなぁ。でもこの際、好きなようにとりとめもなくつらつら書くことにします。いま決めました。


いやぁ、つくづく演劇は楽しいです。身に沁みて思います。
そして大勢のひとに支えられているんだな、と実感します。
こう書くとつまらないきれいごとに聞こえるかもしれませんが、本当にそうなんです。
だからこそやりがいがあるし、見たことも会ったこともない人を演じたりするのは難しいけどだいぶ面白いです。楽しくて楽しくてやめられません。
それが私が中高6年演劇(英語でしたが)に携わってもなお、大学で舞台に立つ単純な理由です。


そういえば、私の友人には演劇が嫌いな子がいます。映画は好きだけど、演劇は止めたいと思ったときに止められないしなんか疲れるから嫌いらしいです。
私は彼女は、実に損をしていると思います。
なぜなら演劇は、

普通に生きてたら絶対いけない場所に連れて行ってくれるからです。
普通に生きてたら絶対出会えない人に出会わせてくれるからです。
普通に生きてたら絶対見れない表情を見せてくれるからです。
普通に生きてたら絶対味わえない気持ちを味わせてくれるからです。

そして

普通に生きてたら絶対感じられない空気を感じさせてくれるからです。


演劇は映画とは違うんです。映画はスクリーンの奥と私たちの間に物理的な距離もあれば、実際にその映画を撮影した時と観る時までの時間的な距離もあります。
演劇も、舞台上にいる役者と物理的な距離はあるかもしれません。でも時間的な距離はあるようでないのです。
観客と役者は同じ空気を共有しています。観客が吸う空気を役者も吸っています。目の前で、本当に生きているのです。だから細かい息づかいも、歩き回るときの振動も、身を動かしたときの風の動きも、一つ一つが”リアル”で本物なのです。それはたとえ舞台上が中世ヨーロッパでも、江戸時代でも、宇宙でも、まだ見たことがない世界でも。すべて同じ空気の中で生きているんです。
そりゃ観てて疲れもしますよね、だって生きてるもの同士同じ空気の中にいて、その間を分け隔てるものはないのだから。でもその疲れ、私は嫌いじゃないんです。むしろ心地いいとさえ思います。それが演劇の醍醐味だと思ってますから。

今回の劇の舞台は…どこでしょう。どこに役者達は生きているでしょうか。どこの空気を皆さんと吸うのでしょうか。

それは今回の公演、『ライト』をご観劇頂くまでないしょです。
でも皆様が一度も出会われたことがない空気だという保証だけしましょう。

だいぶ深夜テンションで書きたい放題書いているので意味が分からなくなってきました。
本格的にこのブログの読者を失わないうちにここら辺にしておこうかな、と思います。(すでに戻るボタン押されてたらどうしよう。)


お客様にはこの『ライト』でこの1ヶ月半の集大成となるものを観ていただきたい、と思っております。
公演にいらして下さる皆様、わたしたちは全力でぶつかっていきます!!!(物理的にではないのでご心配なく。笑)わたしたちが生きる空気を皆様にもぶつけます!!!どうぞご期待ください!!


長文失礼いたしました。
残り3ステージも皆様をお迎えできるのを楽しみにしております。


1年 木島唯
スポンサーサイト

直前!

おはようございます。6月新人公演では舞台監督としてせこせこと働いている上森と申します。

あれよあれよと動いている間に、本番日になってしまいました。お客様をしっかりとお迎えし、無事公演を楽しんでいただけるよう頑張っています(現在進行形)。急ぎで、簡潔した内容になってしまいましたが、楽しみにしてください。それでは、ご来場をお待ちしております。

こんばんは。この度の新人公演「ライト」にて役者をやらせていただきます神成万柚です。
他の役者女子陣が可愛いあだ名をもらっていく中、
神成→かみなり→ライトニングだの何だのとどう転んでもいかついあだ名しかつかないことに悩んでいます。
といいつつインパクトだけは与えられるので正直ちょっとオイシイなとも思っています。

さて!公演初日を明日に控え!今日はゲネでした。
ゲネとはゲネレーションの省略であるという学説が現在では非常に有力ですが、一部の学者は、未だにドイツ語で「総舞台稽古」を意味するゲネラルプローべの略であるとの説をとっております。
私個人としては、後者の説が正しいのではないかと思っているのですが、演劇研究界のドンが前説推しなので口答えできずにいます。
どちらにしても、聞きなれた言葉に直せばリハーサルをやったということになります。
……ちなみにドンなんてものは、いません。

ゲネでは色々なハプニングもあり、私自身散々テンパって周りに迷惑をかけまくりました……が、明日に向けて全力で調整し、本番に臨みたいと思います。

Right Light Write。
色々な意味での「ライト」と向き合ってきたこの一か月半。
6月14日(金)〜16日(日)の塾生会館地下アトリエ合Cにて、
私たちの見つけた「ライト」がどんなものか、確かめにいらしてください!

皆様のご来場心よりお待ちしております!

本日はゲネでした。さまざまハプニングに見舞われながらも、スタッフの方々のご尽力によりなんとか一つの作品を作り上げることができました。本当にありがとうございます。
おっと、申し遅れました。新人公演で役者を務めさせていただきます高須建吾です。二十歳ですが、一年生です。大事なのでもう一度言います。二十歳ですが、一年生です。

二十歳ということもあり、フレッシュさに欠けるというか、一年生特有のイケイケ感に欠けるというか、まぁよく言えば落ち着いている。悪く言えばナルシスト、中二病、感じ悪い、キモい、うざい、などなど、最後のほうはただの罵倒ですが、私が言いたいのは本当に普通にしているだけなのに、上のようなことを言われるのは気に食わない!不条理だ!ということです。
あっ!!今のところアンダーラインしといてください!本公演のキーワードですよ!若者たちはこの世の不条理に立ち向かい、そして…って高須くんそれ喋りすぎ!とまぁテリーのワンダーランドの王様並みに口の軽い僕でもこれ以上は言えません。知りたい!というあなた!ぜひ14〜16日に塾生会館まで足を運んでください!荒波に揉まれる小舟のように、あなたの心を揺さぶって差し上げます。(ペロペロ)

では合Cでお会いしましょう。失礼いたします。

いとしの銀玉

タイトルに特に意味はありません。

どうも、慶應義塾演劇研究会のフレッシュじゃない方の一年生、松本と申します。6月新人公演では役者をやらせていただいています。
松本、と言うと誰それ?ってなるくらいには皆さんにあだ名で呼んでいただいて、まさに愛称と言ったところでしょうか。そう、僕の愛称は「きむ」!一度聞いたら忘れられない甘美なる響き!最近はチラシで自分の名前を見ても誰だこいつ、ってなることが多くなってきました。ちなむと生粋の日本人です。何できむなんだ?と疑問に思ったそこのあなた!それは公演本番当日にお越しいただければ、もしかしたらわかるかもしれませんよ…?

そういえば一応中高で演劇をやっておりました。でもなんか恥ずかしくて最初隠してたらバレたときに同期の何人かから軽く怒られました。いいじゃない!恥ずかしかったんだもの!あるでしょ、そういうの!!

稽古場では役者全員とっても仲良くやっております。それは昨日みさみさがブログにあげた写真からもおわかりでしょう...。あの写真のクソメガネが僕です。もちろん他のセクションや先輩方と仲が悪いわけじゃありませんよ?他のセクションの女の子とも仲良くしてるわけです。


...いかん、このままだとただの女好きみたいになってしまう。

一応弁解しておくと!僕は一応男なんですが、役者女子に溶け込みすぎて「男、女、きむ」という新たな種族誕生の予感まで生まれるほど。だって女子のほうが何だか話しやすいんだもん!同期男子ごめんね!しかし、ここで声を大にして言いたい!俺は男、だ!と!ノーマルだ、と!!←

さて、役者含め新入生はみんなフレッシュで元気がいっぱいでこざいます!元気がありすぎて先輩から嫉妬されるほど!やったね!そんな明るく爽やかでフレッシュな空気は、公演へお越しいただければ必ず伝わることでしょう!ちょっと最近疲れたなー、なーんてあなた!疲れとは無縁かと思えるほどのパワーを、受け取りに来ませんか?
慶應義塾演劇研究会6月新人公演「ライト」、今週末の金曜日、6月14日〜16日、塾生会館地下アトリエ合Cへ、ぜひぜひお越し下さい!!



08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。