スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メビウスを終えて

はじめまして、1年の山田滉介と申します。


今回の公演では照明のオペレーションを担当しました。客席の最上段でなにやら分からない機械を操作していたのが僕です。


ちなみにこの機械はフェーダーと言いまして、2つのツマミ(?)を同時に上にあげることで、その速度に応じて照明の変化の速度も変わるのです。


例えば、このツマミを30秒かけて上げるとしたら、すごくゆっくりな変化になるので、主人公の独白のスポットライトをだんだんと当てるのに使ったり、逆にスッと一瞬であげたら、急激な変化になるので、場面が切り替わるときなどに使うという訳です。


この操作の難しいところは、指先の動きが非常に敏感に伝わるということです。指がプルプル震えてたり、一定の速度でツマミをあげられなかったら、照明に全部反映されます。なかなかごまかしは効かないのです。


逆に言えば、自分の照明の変化のイメージが投影されやすい、ということでもあります。私は今回オペをやるにあたって、脚本を何回も読んで、自分の中で「こうしたい」というイメージを大事にしました。見に来ていただいた皆さまに伝わっていればいいのですが・・・


もちろん、自分のイメージだけではなくて、場の雰囲気を敏感に感じとって調和させることも必要です。役者の人が持っているタイミングやリズムと上手く合わせることが出来た(と自分が感じた)ときは本当に最高の気持ちです。


私はこれが初めての経験でしたが、一つ感じたことは、照明は本当に奥が深い、ということです。もっともっと、「照明として何が出来るか」を考えていきたいと思います。


メビウスにご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。次の公演も、私たちがどんな明かりを作るか、ご期待下さい!
スポンサーサイト

あと少し

こんにちは!
宣伝美術の佐藤理沙です。
あと数時間で本番初日ですね。

私はホームページで新入生紹介のページを作ってました。演劇に携わることは初めてで、もちろんホームページ作りも初めてでした。自分が考えていたよりも、ホームページ作りはソフトの使い方、用語が難しくて四苦八苦。先輩に色々質問して教えていただき、やっと形になりました。

わからないままに作って工夫できなかったのが反省点です。このお仕事に初めて触れて、自分の頭で思ってるようなデザインをホームページにするのってとても難しいんだなと実感しました。

それから、ホームページ作り以外の、他の作業に全然参加できなかったのがとても申し訳自分の頭で思ってるようにはなかなか行かなくて、ないです。
自分で勝手に忙しくなってしまい、自己管理がなってないなぁと痛感。

個人的な反省がすごく多いですが、そんな私でも活動場所に行くと温かく迎えてくれて、名前を覚えたてくれていて、なんて素敵なところなんだ!とこの前感じたところです。

本番までもう少し!
舞台で起こることすべてを目に焼きつけて帰ってくださいね(^o^)/

メビウス

新人公演、役者参加している宮田健一です。

いよいよ初日です。

全然緊張してません。


自分は中高でも演劇をやっていました。
そのおかげで舞台に立ってお客さんに見てもらうということだけは、かなり経験してきました。

そのおかげで緊張していません。


ただいつも思うことがあります。

これから僕は何度舞台に立てられるのだろう。
あと何回演劇に関われるのだろう。


今日舞台に立てることを感謝して、本番に臨みたいと思います。

原田演劇やってよかったってよ

こんばんは。ブログの更新を延ばし延ばしにしていたら、初日当日になってしまいました。役者の原田真由子です。

初稽古から今日まで一か月半稽古をしてきました。最近やっとお芝居をすることの楽しさをわかってきたのに、もう終わってしまうなんてとても寂しいです。この稽古期間を思い出すといろいろなことがありました。楽しいとかつらいとか、一言では表すことができません。
でも、確かにいえるのは私にとって本当に大切な時間だったということです。

演劇が私にたくさんのものをくれました。心から尊敬できる仲間、今まで感じたことのない強い感情、もっともっと上へ行きたいと思う向上心、全力で立ち向かうこと。四月に劇研に入ったばかりの私と今の私とでは、持っているものも考えていることも違います。

本当に劇研に入ってよかった。みんなと出会えてよかった。演劇と出会えてよかった。

今私がこう思えるのは、何よりもここで出会えた劇研の皆さんのおかげです。
劇研の人たちはみんな本当にかっこいいから、みんなそれぞれ光るものを持っていて輝いているから、
この公演で私もその光の一つになりたいと思いました。

今日からの三日間、本当に全力でやり切ります。
新人公演メビウス、合Cにぜひいらしてください。


雑記

どうも、黒シャツがどこで売っているのか見当もつかないモロです。今朝はアラーム音のツィゴイネルワイゼンが不快に聞こえないほど体調が良かったのでその勢いでブログを更新しています。実は昨日も更新を試みたのですが、途中で記事を書くことが億劫になって放置したところ、タイムアウトしてしまったので、寝ました。


ところで、私は今回の新人公演には衣装小道具として参加しましたが、その作業には幾らかの苦難がありました。というのも、今公演が描く世界は極めて特殊なものなので、脚本家の意図が読み取りずらく、各登場人物に適した衣装を容易に想像することができなかったからです。しかし、そうした中でも私たちイショコ班は会議を重ねることによってある程度の合意に至ることができました。それらの会議は毎回のように白熱し、時には新入生の反論によって会議全体の進行が停滞することさえありました。そんな時、先輩は我々新入生をたしなめるのですが、私は熱中のあまり素直にその忠告を聞き入れることさえ出来ませんでした。


こんな生意気な新入生ですが、ある程度は劇研に馴染めていると信じています。そして、それは劇研の温和な気候が可能にしているものだと思います。


さて今日はいよいよゲネです‼︎劇研員たちの間には心地よい緊張感が漂っています。合Aに響き渡る役者たちのアップ用のヴォイスはやる気に満ち溢れているように感じます。ああ、もうすぐ本番か。



01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。