スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺駒52 新しい土地で(川本)






音はない。

菜の花の甘い薫りと

明治期の油絵のようなくすんだ空と川がそこに浮かんでいるだけである。

360度開けた視界の上空には、光りを宿した水墨画のような雨雲が何層にも重なっている。

雲の隙間から漏れる陽光はまるで天界、幻想的な様相を呈している。



ふとメロディにならない音楽が頭の中で浮かぶ。

ブライアン・イーノかなにかのアンビエント。



私は新しい土地にやってきた。

利根川の雄大な流れは、都会の雑踏や何かに追われるような生活の焦りを忘れさせる。



思えばこの4年間焦りっぱなしだった。

心が落ち着くことはなく、常に何かに突き動かされるように慌しく走り回っていた。

私はそれを否定しようと言うわけではない。

2012年劇研に入会したあの時から、何かにとりつかれたような感覚が胸の内で燻っている。

新人公演の、あの何も見えずに叫ぶしかなかった、それでいて叫ぶことで世界に何かを残せた気になれた、あの時間の続きに私はいる。



演劇とは面倒くさい営みである。

同じ言葉を何度も何度も繰り返す。

同じ仲間と何度も何度も顔をつき合わせる。

時には踏み込むと大きなリスクが伴うような相手の領域まで踏み込まなければならない時もある。

スマートに生きることができない。

けれども、利害とか便宜とか合理性とかそういうものを忘れて、ただ純粋にその瞬間に集中できる。そうならなければならないのが演劇であろう。

そういう意味で演劇は愛に満ちている。

だからこそなのか演劇はやみつきになる。



一方で、私はそういう演劇の美味しいとこからすぐに逃げようとしてしまう。

相手が真剣に私のためになることを言ってくれたとしても、聞いたフリ。素知らぬ顔。主張だけは懲りずに繰り返す。

これでは相手がいる意味がない。何も聞いていない。聞こうとしていない。わかっているはずなのに、向き合わずに済まそうとしている。

ゲキケンの仲間達はそういう私に容赦ない声をかけてくる。

私にはそれが恐ろしい。けれどもその恐怖こそ、時には人をして人たらしめるのかもしれない。



4月から私はこの新しい土地で働く。

周囲は「社会は厳しい」という紋切り型の言葉で私を迎えようとするけれど、だからこそなのか私はワクワクしている。

過去にしがみついている人間はダサい。

儚さが美しいと言うにはまだ若すぎる。

完璧じゃなくていい。褒められるためにやっているわけではない。

ただただ余裕なく走り続けられたら、いつまでも高みを目指し続けることができたら、どんなに幸せだろうか。



卒業公演、無事9ステージ駆け抜けることができた。

演劇とは花火のようで、準備にはたいそうな時間がかかるけれど終ってみるとあっけない。

「卒業だから」と強い思い入れをもって製作していっても、名残惜しむ暇もなく、また次の営みが始まる。

寂しいようで、改めて気が引き締まる思いである。



過去にしがみつく人間はダサいと書いた。

けれども、過去が必要な時がある。

そのときは芝居に熱中したこの4年間、どうか私に力をかして下さい。



川本恭平



****************************************



3月卒業公演「俺達は駒じゃない」にご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。

そして、4年間ご支援いただいた皆様、重ねて感謝申し上げます。



今後とも慶應義塾演劇研究会を何卒宜しくお願い致します。



****************************************
スポンサーサイト

俺駒51 川本恭平という人(演出助手:井上)

こんばんは。
このブログも気づけば50回を越えていました。
ついに明日から本番です。
ここまで長かったような、短かったような。
取り敢えず、すごく密度の濃い日々だったと思います。
この公演の始まりであり、終わりが始まろうとしていますね。
最後は、今公演の企画責任、脚本、演出、役者の川本恭平です。

川本さんはこの数ヶ月、企画の中心として毎日毎日公演について考え続けていました。
脚本も書いて、各セクションとの連携もとって、演出もして、自分自身も役者をして。
こんなに忙しい日々を送ってきた人はいないと思います。
けれど、川本さんはどんなに疲れていても、公演を良くするというためには寝る間も惜しんで働き続けていました。

彼のことは私が役者紹介なんかをしてしまうより、実際に彼が作ろうとしてきたものの完成形、「俺達は駒じゃない」を見て頂くのが一番だと思います。

彼を中心に作り上げてきたこの公演。
必ず良いものとして皆さんの元に届けます。
ご来場、お待ちしています。

俺駒50 役者紹介part9 田中遼(演出助手:井上)

こんばんは!
さて、今日の役者紹介はたなりょーさんこと、田中遼です。


いやぁ、美しい親指ですね!
この後の写真もたなりょーさんの指シリーズでお送りいたします。
どの指が何指か皆さん分かるでしょうか?答えは最後です!

たなりょーさんは、本当に面倒見の良い方だと思います。
時に厳しく、けれど決して見捨てずに最後まで相手のことを見続けてくれます。
また、どのような話をふってどのように絡めば相手が楽しく話せるのかを理解して話してくれます。
そのため、誰からも尊敬されているのだろうと思いました。
稽古場でも誰よりも積極的に人に話しかけて、その人の魅力を引き出していました。


また、たなりょーさんは、頭の回転がとても早いです。
稽古場の誰かがボケたら即座に拾い、そのボケを更にいかすツッコミをしてくださるのがたなりょーさんです。
頭の回転が早いので、その分反応も早い。
反応の早さは舞台上ではすごく重要で、特に今回たなりょーさんが演じる役には、たなりょーさんの持ち前の頭の回転の早さがいかされていると思います。


今回のたなりょーさんの役は、普段のたなりょーさんのように、周りの役を存分に活かして下さる役です。
彼がいないと周りの魅力は半減するのではないでしょうか!!

指正解 薬指、小指

俺駒49 役者紹介 part8 内野聡夢(演出助手:井上)

こんばんは!
ついに役者紹介も残すは4年生のみになりました!
今日はその記念すべき一人目、内野聡夢です!


普段は爽やかなイメージのあるこんな男性です!
が!!チラシを見ればお分かり頂けると思います。
上の好青年が、あのチラシ右上に存在するアフロの人になります。
本当にこの豹変には驚きました。本当に同一人物なのか目を疑いました。

内野さんは数々の外部の劇団にも参加していて、役者として様々な経験をつんできた方です。
今年度は、劇研10月公演の「ワーニャ伯父さん」でワーニャ役をしていました。

私の友人の中には彼の姿を見て衝撃を受けた人が何人もいました。
人の心を揺さぶる力を持った人なのだなぁと思います。

そんな内野さんですが、どんな人なのかというと仮仮チラにも載っていた「ストイックナルシスト」が一番的確な表現だなと思います。
稽古場の誰よりも脚本を読み込み、役に深く向き合い、何度も何度も思考を重ね、劇をよりよくしようと取り組む姿は本当にストイックだと思います。
役者をやる人は上記のことは当たり前にやらなければならないのですが、内野さんほど自分に厳しくこれらのことをやっている人はなかなかいません。
そのストイックさからくる、自分がやっていることに対しての自信がナルシストという表現につながっているのだろうなと思います。


身体訓練もストイックに行っている内野さん。
この驚異的なジャンプ力が発揮されるところはあるのでしょうか!?
今回の劇でもお客様の心に笑いや感動の衝撃を与えてくれること間違いないと思います!

俺駒48 役者紹介part7 前田和遵(演出助手:井上)

こんばんは!
昨日から仕込みが始まり、いよいよ本番が目前に迫ってきたなとしみじみ思います。
この役者紹介も残り数人となりました。
今日の役者紹介は3年生最後の役者、ジャファーさんこと前田和遵です!


ジャファーさんは取り敢えず、めちゃくちゃ面白いです。
本当に、真面目に、めっちゃ面白いです。
ジャファーさんから出てくる一発芸は誰のものよりも面白いなぁと思います。
ジャファーさんの発想力の豊かさ、ギャグセンスの高さ、動きのキレの3つが合わさって繰り出されるものにはいつもいつも笑わせてもらっています。
稽古場でもボケもツッコミもする、笑いの中心人物になっています。
ジャファーさんのおかげで稽古場にはいつも笑いが溢れています。


ジャファーさんのこの面白さが今回の舞台上では存分に発揮されています。
与えられている役自身が面白い役なので、もちろん面白くなるのですが、それだけではありません。
ジャファーさんは脚本に求められている以上に舞台上で面白さを常に追求しています。
ジャファーさんが場練ごとに次々とアイデアを出してくるのですが、その多くが面白くて、場を華やかにしてくれるものなので、演出の川本さんに採用されています。
また、他の人たちが会話しているシーンや、お客さんの集中が自分以外に向いている時でも、ふっとジャファーさんを見るとすごく面白いことをしていたりします。
つまり、良い意味で「欲しがり」なのだと思います。
役者をやる上でこのハングリー精神はとても重要だなぁとジャファーさんを見ると思います。


写真撮ります!と言ったら、まさかの小道具まで使ってポーズを取ってくれるジャファーさん!
そんなジャファーさんの面白さが存分に感じられる劇になっていると思います!
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。