FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALが着陸しました。Revival

どうもこんにちは、慶應義塾演劇研究会6月新人企画「海底」にて宣伝美術セクションのチーフをつとめております孫ジャルです。留学生でもなんでもない、岩手県出身東京育ちの台湾人でございます。劇研での二つ名は歩くスピーカーです。あと小岩井農場の回し者です。牛乳おいしい。

はてさて宣伝美術セクションとは何であるか、若輩者の私めから僭越ながら説明させていただきますが、公演を広く知ってもらうことを目的とした宣伝物のデザインを担当しております。宣伝物というのはチラシ、ポスター、ホームページなど対外的なものから、参加者向けのグッズ、お客様をお迎えするチケットや当日パンフレットまであらゆるもののことを指します。公演参加者の士気に関わるといっても過言ではないセクションです。ダサいと恥ずかしいから宣伝しない、かっこいいと見てもらいたくて宣伝する。わお!なかなかシビアな世界です。

さて、これは最近このセクションに関して思うようになったことなのですが、宣伝美術セクションはお客様に対して道しるべを示せる唯一のお仕事なんじゃないのかなあと。道しるべというか、ヒントでしょうか。宣伝物というのは単に宣伝するだけのものなのだったら、きっとインパクト重視で済む話なのではないでしょうか。しかしそれでは興味は引けても頭には残らない、せめて二日酔いぐらいは後引く感じがほしかったり。公演でどんなものをやるのかお客様が知ることのできる、ほんの少しのネタバレのようなものを含んだ宣伝物というそれは、時にミスリードで囲い込んで観客の先入観を鮮やかに裏切り、時にストレートな表現で観客を連れて本番にバトンを渡す。どうするかは私たちの手の中です。

 また、宣伝物という特性上、本番前の効果などを重視されがちですが、公演鑑賞後に改めて見ると新たな発見があったり、お好きな方は宣伝物を取っておいてくださいますよね。形が残るという意味でも3度くらいおいしい思いをするお仕事ですね。

 ここまで色々な思考をこねくりまわしてみましたが、あくまでもチラシを見て公演を観に来ていただけたら、という過程の上でのお話でございます。チラシはすでに完成しており、その他の宣伝物の製作も新入生を中心に着々と進行しております。そんな彼らの数々の思いが込められた本公演、刮目してご覧あれ。
宣伝美術チーフ 孫ジャル
スポンサーサイト

「音響のしごと」

どうも、今回『海底』で音響チーフをやっている2年の橘麻理です。最近大分暑くなってきましたね。日焼けでお肌へのダメージが心配になってきました。

さて、いきなりですがここでは私の担当している音響というセクションがどのような仕事をするのか説明したいと思います。「音響」という名前からして大方予想がつくと思いますが、基本的な仕事は役者の演技に合わせて音を流すことです。一見シンプルでなんてことのない感じがしますが、劇中で役者が発する台詞を除く、聴覚全ての演出を担ってるという点ではとても重要です。そしてその分お客さんに与える影響も大きいんです。イメージを膨らませるお手伝いをしたり、大きなインパクトを与えたり…

これだけ大事な部分を担うとなると、もうやる気は自然と溢れてきちゃいますね!音響班としてお客さんの心に残る劇をつくりたいと思います!

では、是非お肌をダメージから守って、日焼け止めをしっかり塗って、熱中症にも気をつけて、
塾生会館の『海底』にお越し下さいませ。

こんばんは

こんにちは。こんばんは。新人企画の制作チーフをやらせていただいております鈴木でございます。

制作のお仕事は演劇を公演にすることだそうです。偉い先輩の方に聞きました。
作るだけでは完結しない演劇を御来場頂いたお客様に楽しく見てもらえるように陰ながらあれやこれやしております。

制作というセクションとして、御来場頂けるお客様には我々の演劇をまた見に来たいと思っていただけるよう誠心誠意頑張りたいと思います。

もうすぐそこまで梅雨が迫って参りました。この時期は心にも雲がかかりがちなのかもしれません。
御来場頂いたお客様には新入生のエネルギーに満ちた舞台を見ていただき、曇りがちな日常の中の少しの晴れ間を感じていただけたらと思います。
御来場心よりお待ちしております。

制作チーフ 鈴木大貴

「久しぶりの駄文」

おはようございます。
 演劇研究会2016年度6月新人企画『海底』にて舞台監督をやらせていただいている浅井という者です。「いただいております」とは誰に向けての敬語なんでしょうか、真相や如何に。
 この度はスタッフの人間に、ブログを書け、と言われたので書かせていただきました。今はパソコンの時代ですので打たせていただきました、という表現が正しいですかね。大変申しわけありませんが、今回は大学生ならではの若々しさを表現するという勝手な私の方針の下、口語を入り混ぜた文章で失礼致します。

 さて、本屋さんに行くと何かしらのやり方(ああいう類の本をあまり読まないので、やり方って言葉で濁します)が記された本が大量に並んでいます。一般的にハウツー本なんて呼ばれるやつですけれども、あれの種類も多岐に渡るものでして、仕事上達術、コミュニケーション術、整理整頓術、エトセトラエトセトラ。ハウツーの洪水、氾濫を引き起こしていますね。即時に結果を求めるのか、それともいつまでやっても結果が出ないからなのか、何れにしろそんな感じでハウツーに縋り付いて買う方がたくさんいらっしゃるので本屋さんもコーナーを大きく設けているのでしょう。
 私はあのコーナーを通りかかる度に、この類の本の帯を考える人は凄いなあ、と思います。著者なのか編集者なのかはたまた専門の職業が考えるのか、生憎私は存じ上げませんが、彼らは本を売るという役割を果たす為に大仰な言葉で目を惹こうとされているのでしょう。

 役割で思い出しましたけど、先日、君は随分と役割距離を気にするよね、と友人に言われました。数週間以上前のことですので、実際この通りに言われたわけではないと思いますが、要約してみると大体こんな様な感じの言葉でした。
 役割距離って言葉があるらしいです。その役割距離に基づいた役割行動とやらを私はとても気にしているらしいのです。確かに指摘されてみればそのような気もしますし、そのような自己認識もあります。
 今回は舞台監督としての立ち居振る舞いを心がけています。朝起きて家を出るまでは一家の息子として、キャンパスに入れば大学生として、友達と会えば仲の良さに合わせた人間として、店に入れば客として、まあこんな感じで色々な姿で振舞います。より具体的に言えば同時に平行している立場と擦り合わせて最適な立場上の行動を取ろうとします。私は今誰になって文章を書いているのでしょう。さておき、自分の役割を考えていく時、私は頭の中で立場が階層化されていくイメージを持っています。細分化して、フォルダの中にフォルダを作ってその中にまたフォルダを作って、どんどん深く深く潜っていきます。脳っていうのは深い深いところまで潜っていけますから時たま戻って来られなくなります。皆さんも一緒に潜ってみましょう。深く、深く、深く。おや? 潜って行った先に底が見えますね。海底が見えたぞ!

 というわけで2016年度6月新人企画『海底』を是非観にいらしてください。私を含めた広義の新人達(内輪の話で大変恐縮ですが、今年は新入生もたくさん入ってくれました。とっても良い人達です。仲良くなりたいです)が旧人達の知恵と手を借りながら演劇を作り上げております。旧人といってもネアンデルタール人ではありません。

 駄文を書き連ねてまいりましたが、結局伝えたいのは、皆様のご来場をお待ち申し上げております、という事です。お目汚し大変失礼致しました。
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。