スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カローラ組曲」

こんばんは。
「カローラ組曲」企画責任・脚本・演出を務めさせていただきました、松井えこです。

慶應義塾演劇研究会9月公演「カローラ組曲」、無事に終了しました。
観に来てくださったお客様、応援してくださった方、本当にありがとうございました。

当日パンフレットのご挨拶で、「夏という季節が大好きです。何でもできるような気がして、結局大したことはできなかったんだけどそれでも何か一つ大きくなったかな、と夏が終わるたびに思います。」と書きました。
今年の夏も、何でもできるような気がして勢いで駆け抜けたように思います。
でも、いつもと違ったのは「大したことやった」ということ。
いつもの合Cを飛び出して横浜に進出したことを始めとして、脚本を二人で書いたこと、作風、、、、、慶應ゲキケンでは珍しいこと尽くしの企画でした。
そんな企画を無事にやり遂げられたことは「大したこと」と言っていいのではないかなと思っています。
私も大人になったのかしら。

この公演が終わると共に一気に秋らしく、、いや、秋になりました。
そんなあっけなさが寂しくて切なくて、でも胸がすっとしています。

慶應ゲキケンは10月、11月と公演が続きます。休みなし。怒涛。
そちらも併せて、これからも慶應義塾演劇研究会をよろしくお願いいたします。

DSC00930_20130923132311ba1.jpg
スポンサーサイト
08 | 2013/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。