スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月公演ワーニャ伯父さん

こんにちは。
慶應義塾演劇研究会10月公演「ワーニャ伯父さん」にお越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

企画責任兼演出の松本です。
ロシア文学界の巨匠アントン・チェーホフ作、「ワーニャ伯父さん」をこの度慶應劇研で上演させていただく運びとなったこと、そしてそれが無事に全ステージ終了し、多くのお客様にご来場いただけたこと、深く、関係者各位、お越しいただいたお客様に感謝を捧げます。

慶應劇研として、古典はおろか、近現代の名作と呼ばれる戯曲に挑むことはここ数年ではほぼなかったことかと思います。

僕は、慶應義塾演劇研究会というこの団体で過去2回演出を持ったことがあります。いずれも僕自身が脚本家をつとめ、20分ほどの短い脚本に演出をつけていくというものでした。そしてそのいずれでも僕が描こうとしたのは、大学生という若者の若者らしい発散ではなく、静かな、それでいて強い意思を持った叫びだったのだと思います。

さてそんな僕は今回、思えばこの企画が動き出してからの2ヶ月半、チェーホフという作家に、このワーニャ伯父さんという戯曲に、振り回され続けていたように感じます。うまく行かないことも、思い通りにならないこともかなりの数ありました。
チェーホフという人物を、かけらひとつでも理解できたか。最後まで終わった今でも、それに僕は自信が持てません。

チェーホフが描きたかったことは一体なんだったのか。きっと僕には重ねてきた年月も、経験も足りないのでしょう。それでもどこかに、「ワーニャ伯父さん」を読んだ時に確かに、自身に通じるものがあったように思えてならないのです。透かして見えるもののどこかに。それだけを頼りに、この2ヶ月という日々を過ごしてきました。

この作品は僕にとっての、僕自身への問題提起です。この先も年を重ねて、まだまだ沢山のことを見ていかなければならない。長い長いその日その日を、うずめていかなければならない。そうすればいつかは、ひとかけら程度は、理解できるものがあるのかもしれない。しかし、僕の一歩は、未だ希望を持った一歩として。理解することの出来なかった僕には、まだ人生を諦めきるには少し早いのでしょう。


今回関わってくださったスタッフ、役者の方々、関係者の方々、お越しいただいたお客様、重ね重ねにはなりますが、心よりの感謝を捧げます。どうぞ今後とも、慶應劇研をよろしくお願いいたします。


2015年10月26日
松本 翔吾
スポンサーサイト
09 | 2015/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。