スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月公演役者、2年の柿原綾乃です。

私は空を眺めるのが好きです。晴れの日も雨の日も昼も夜も、空はたえず変化しています。
最近は稽古で夜帰りが遅いので、駅から家までの道で眺める空は夕焼けを通り過ぎて真っ暗です。真っ暗な空にはもやがかかっていたり、月や星がきれいに光っている時もあります。

私がとりわけ好きなのは虹です。虹はめったに見られないですし、すぐに消えてしまいます。ですがやはり、夕立の晴れた空に色とりどりの幽かな淡い虹がかかっているのを見ると何とも言えない幸せな気持ちになるのです。

ずっと昔から人は空の様子に心動かされてきたのではないかなと私は思います。

100年も前に生きた人が書いた戯曲を今私たちが読み解く時、感覚や文化の違いにぶつかることが何度もあります。
けれど核の部分は、時間が経っても変わらずに在り続けるのではないかと思うのです。

最終的にそれを表現するのが役者の仕事なのかなと考えたりします。
本番が近づいています。稽古場では今なおこの劇を良いものにしようと皆が模索し続けています。

皆様に絶対に良いものをお届けする、その一心で本番まで駆け抜けます。
この公演を観てくださる皆様に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。


拙い文章でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。