スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年

今回役者として出演させていただく、一年の井上華歩です

大分寒くなって秋というか冬の訪れを最近感じています
甘いものが食べたくなる時期ですね
さつまいもやかぼちゃのお菓子、冬限定のチョコを見ると早いですがどうしても一年の終わりを感じてしまいます

一人の人が一年を生きるだけでも沢山のことがあり、一年が終わる頃には驚くほどの思い出ができます
一年というのは短いようで密度が濃くて長いものですね

役者をやる立場になったとき、私が一番果てしなく感じることが役の人生を辿ることです
一年ですら長くて濃いのに、なんと人生を辿るのです
しかも辿る人生はとても長かったり、自分からは想像もできないほどのことが起きているものだったりします
これを辿るのはすごくすごく大変で、難しくて、終わりがなくて、正解がありません
役者というものがどれほど大きなものに覚悟をもって立ち向かわなきゃならないのか、日々感じています

舞台上では、それこそ一年の時が流れたり、数年のこと、一日のことだけが繰り広げられたりします
そこで起きることは紛れもなくその場で起きているリアルタイムのもので、そこで新たに人物の人生が進んでいるわけです
一人の人生が形成されていくときを観れることは演劇の魅力のひとつだと思います
でも、たった数時間に凝縮されたある期間の出来事が舞台上で起きているだけなのに、登場人物のそれまでの一生が感じられることも演劇の魅力だと私は思っています

劇を観てくださる方は舞台上で繰り広げられることをみて、ある人物に感情移入したり、ある人物のそれまでの人生に思いを馳せたりすることもあると思います
つまり、劇を見ることで自分とは違う人の人生を少し辿ることになるかもしれません

今年の一年を年末に振り返るときに、見ていただいた方の思い出の中に少しでも劇中の人物の人生が残るような、そんな劇を作れたらなと思いつつ、日々劇を構築していっています

セクション、稽古場、公演に参加する全員で必ず良いものをみなさんに届けます
ぜひ沢山の方が見に来て下さると嬉しいです
予約はまだまだ受け付けています
長々と失礼しました
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。