スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺駒8 スタッフ・ワーク!(演出:川本)

スタッフ・ワーク!

こんにちは。作・演出、川本恭平です。
稽古場日記をいっぱい更新してもらってるので、今日はスタッフワークについてちょっと書きます!

一昨日は試験前最後の活動だったのですが、稽古だけでなくスタッフワークでも盛りだくさんな一日でした。

まず、一つ目!
ツイッターでも更新されている通り、本チラシが到着し、早速ステッカーと仮立て看を用意しました。普段は公演本番期に立て看板やステッカーを用意するのが通例なのですが、2月からの春休みは入学試験だったり、学生のキャンパス移動などがあって日吉キャンパスは人が閑散としてしまいます。そこで学生が集まるテスト期間に少しでも公演のことを知ってもらいたいな!と思い設置しました。
「どんなに頑張って芝居を作っても観てもらわないと意味がない。」僕の公演のノートの最初の方に赤字で書いてあるのですが、まさにその通りなんです!!
準備前に渋谷で材料を調達して、制作スタッフと宣伝美術スタッフを中心に、寒空の中「手が動かない…」とか言いながら楽しく装飾しました。試験前なのにたくさん集まってくれて本当に嬉しい限り!
1453546736177.jpg

それから、二つ目!
衣裳チーフと少々セッションした後、衣裳用に役者の採寸を行いました。肩幅、股下、靴のサイズまで細かく測る。なんだか、どこかの百貨店の一シーンのような印象。
チーフが僕に「劇中の人物は常に何かしらの衣裳を身にまとってる。」とよく釘を刺してくれるのですが、あたりまえのようで改めて真面目に向き合うと、その先には役の人物の本性というか、この役はこういう生き方をしてるんだからこういう服を選んでるんだろうなとか、この特別な日に合わせてこんな色合いを用意するだろうな、もしくはこいつはどうせ遅刻しそうだからその場あわせで来るだろうな、なんてことが想像されてきます。忙しく判断していると大まかな印象に目がいきがちなのですが、やっぱりそういう繊細さを突き詰めた先にこそ本当の大胆があるんだろうなと思います。と言いつつ、それが難しいのですが。

そんでもって、三つ目!
稽古場でスタッフも交えてどんな風にプランを稽古場に昇華していくのかセッションを行いました。今回は舞台美術のおおまかなプランについて共有しました。なんたって舞台美術チーフの手書きのプラン図が美しい。「良い設計図は見た目も美しい」といいますが、まさにこのことでしょう!あと、役者のエチュード中にいつもは寡黙なチーフが笑いを堪えているのを見るのが僕としてはちょっとニヤッとした瞬間でした。

1453546738038.jpg

そして、四つ目!
演出助手が書いてくれたように「あるもの」に使う音源を音響チーフ交えて検討しました。前日までに50曲以上がリストに上がっていて、そこからピックアップしたものを一つ一つ聞いていくわけですが、深めていくとだんだん何が良いのかわからなくなっていくもの。でもその迷走が後々、決定した時の自信につながっていくんです。何とか暫定案を出して、次のステップへの足掛かりを用意できました。

こんな感じで、稽古の合間を縫ってスタッフワークが徐々に進行しています。
勿論なんでもかんでも順風満帆なわけではなくて、アイデアがストっと落ちずに苦い思いをしたり、一進一退を繰り返して迷走して疲労がたまって…ということもあるのですが、数々の失敗案が完成品を裏で支えてくれるような、そんな状態でいられるように頑張れたらなって思っています!それが難しいんですけどね。

P.S.
ブログは試験期間中につきちょっとだけお休みに入ります。
また2月にお会いしましょう!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。