FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺駒16 毛雑学⑴(役者:須賀)

はじめまして。
今回役者を務める須賀と申します。

毛。
英語でHair.

それは無限の可能性です。

私の担当するブログでは毛にまつわる様々な話をしてゆきたいと思います。
今回は記念すべき1回目。
早速ですが、クイズです。

床屋さんへ、髪の毛の回収にくる業者さんがいました。さて、次の職業のうちどれでしょう?

①金物屋
②畳屋
③佃煮屋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



正解は③の佃煮屋です。


みなさんは髪の毛から醤油が作られることをご存知でしょうか。
醤油とはご存知の通りあの醤油です。日本人の魂です。外国人は日本の空港に降り立った時に醤油の香りがする、と言います。それくらい醤油は日本の風土生活に染み込んでいます。

「醤油が髪の毛から作られる? バカげてるね」

「なんてナンセンスなんだろう」

「軽くカニバリズムじゃないのか……? 」

そう思われる人も少なくないでしょう。しかし、この醤油は一昔前(2004年ごろ)の中国では実際に製造されていたようなのです。
※もちろん今では中国当局は製造を禁止しています。


作り方はいたって簡単。
①よく洗った髪の毛を10%塩酸の中に入れ、24時間ほど煮る。
②①でできたものをろ過し、中和する。

たったの二手間。クックパッドを探してもなかなかこんな簡単なレシピは無いでしょう。

味のレポートは残念ながらできませんが、下記URLに実際に作った人の体験記があります。
http://www.kachispo.com/k/1412/index.html
曰く、

「これはなんだと言われれば、醤油である。」

絶句です。どうして髪の毛を煮ようと思ったのか。そこまでして醤油が欲しかったのか。
味噌やソースで代替できなかったのか。というか、ガマンしろよ……。
こう考える私は、マリー・アントワネットでしょうか。


人間の食への関心は恐るべきものがありますね。いつか醤油がどうしても欲しくなった時に試してみようと思います。

それでは、今日はここまでです。
また次回もお楽しみに!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。