FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実感プリズムもーめんと

こんにちは 宣伝美術チーフの中村桃子です。チラシを作りました。文学部2年になりました。三田キャンパスから日吉キャンパスへいくのに毎回渋谷を経由しています。渋谷というのはおもしろい街です。山手線の駅を出た瞬間、電光掲示板の広告たちから色と光の責め苦を受けます。電車の中でも学校の中でもひとはスマートフォンを見続けるこの時代、紙媒体のチラシを作るのはなんか変な気分です。でも実感が手の中にあるってとても嬉しいこと。せっかく紙なんです。色や光だけではなく、重みや質感、においも味わってくださいね。
 私は一年前から宣伝美術と関わっています。ちょっと悩みがあります。今回、私はつっきーの脚本を読んでつっきーの話を聞いてチラシを作りました。(まあ、大体チラシをつくる時ってそう)チラシというのは公演のイメージを皆さまにダイレクトに伝えるもの。つまりつっきーは皆さまに公演のイメージを伝える際に私というフィルターを通して伝えることとなります。とてもいやなことですが、つっきーの意思、意志?は絶対屈折することになります。だってつっきーと私は全然違うから。脚本の書き手と読み手であり、かれは男で私は女だし、住んでいる街も違うし、多分(しらないけど)好きな食べ物も違う。解釈が違うわけです。演出さんが宣伝美術を通す限り絶対そうなります。結論。どうせ屈折するならばさせるのならば、プリズムの役割を果たしたい。ひとつの演劇をいっぱいの綺麗なものに分散させて反射させてかえしていきたい。たくさんの。いろいろなものに。おもいます。
 宣伝美術チーフを名乗っている以上、宣伝をしなければ。チラシをつくるために朝4時15分におきて、夜と朝の間の静謐のなかを歩きまわりました。青が美しくて(そう、ぶるーもーめんと)、こびりつきました。この公演Forget me not blue.は、私というフィルターを通して皆さまにお伝えするならば、あるようでないようで、ある話。こびりついて、眩んじゃう話。あおい話。ぜひみてください。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

KeioGekiken

Author:KeioGekiken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。